自分でやって、失敗して、そこから学べ

自分でやって、失敗して、そこから学べ
Sponsored Link

 

朝5時。

起きると忍介がキッチンにいて、
レンジで牛乳を温めている。

聞くと、2時過ぎに起きたと言う。
まったく、漁師並みの早起きだ。
昼夜逆転が一回転しつつある。笑

中三14歳が言う。

「なんて言うかさ、
”ひきこもりガチ勢”としては、
やっぱり自分で料理くらい
できなきゃな、と思うわけですよ」

「一人でお腹空いたときの対策として?」

「そう。カレーとか、ホットサンドとか…。
あ、ホットサンド作ってみよっかな」

「いいじゃん。やってみたら?」

「問題は、この凍った食パンをどうするか。
お父さん、どう解凍したらいいと思う?」

「ググってみたらいいんじゃない?」

「そだねー」

そうしてパソコンをパタパタと叩く14歳。

「便利な時代だなー。
この時代に生まれてよかった」

と上機嫌で言いながら、
あれこれ解凍やらレシピやらを検索して、
自分なりに合点がいったらしく。

ただいま調理中――。

いろいろ教えてあげたくなるけど、
彼の好きに任せている。

「火加減は中火がいいのかな?」

あれこれ言いながら作っている。

まあ、自分でやって、失敗して、
そこから学べ、少年よ。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
自分でやって、失敗して、そこから学べ



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。