「育て方が悪かった」という台詞ほど〇〇なものはない

Sponsored Link

 

情報は放っておくと大量に入ってくる。
なので情報断捨離を心がけている。

ニュースサイトやFacebookは頻繁に見ない。
っていうかWEBに繋ぐ時間自体極力減らす。
メールやコメントはまとめて返す。
テレビは絶対に見ない。

などなど。

そんな中、どうにもこうにも、
いつも僕の目に止まる人がいる。

髭男爵の山田ルイ53世さんだ。

中学2年から6年間ひきこもった、
という経験をされている。

今朝読んだのはお悩み相談の回答だった。

不登校生のお母さんからの相談だ。

中高一貫校に通う息子の暴言が気になる。
他者への感謝の心がないのに愕然とする。

思春期であることは重々承知だ。
でも自分は周りに生かされているという、
感謝の気持ちを持つ子になってほしい。

育て方が悪かったのでしょうか?

というものだ。

山田さんの回答が実に秀逸だった。

短いのでぜひ全文をお読みいただきたい。

と、、、、

以下お読みいただいた前提で、ネタバレ。

僕が一番ウッとなったのは
「育て方が悪かった」という台詞ほど、
子どもにとって「残酷」なものはない、
という部分だった。

「育て方が悪い」

これは「親という種族」にとって、
「過保護だ」と言われるのと同じくらい、
他人から言われたくない言葉だと思う。

だから我が子の何かがうまく行かない時。
どうしても頭に疑念として点灯してしまう。

でも山田さんは言う。

相談者としては、自分自身を責めているつもりかもしれませんが、息子さんにとっては、これまでの全人生を否定されているのと同じこと。
たとえ口にせずとも、お子さんには伝わってしまうでしょう。
(略)
いずれにせよ、親に率先して後悔されたりしては、子供も堪ったもんじゃないのです。

親に率先して後悔されたりしては、
堪ったもんじゃない――。

本当に言われてみればだけど、
その通りじゃないだろうか?

そう思った。

今日も、良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。