それぞれの雲と青空

それぞれの雲と青空
Sponsored Link

 

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』Vol.2の
刷り上がりが届いた。

自分で言うのもナンだけど、、、

とっても良いです!

録音の書き起こしから編集・校正まで、
何回も――正直、飽きるくらい
読んでいるのだけど、
何度読んでも飽きない。

昨日も3回くらい読み返した。

なぜか?

インタビューに答えてくださった皆さん
それぞれの語り口というか、個性というか
「ヴォイス」がよく出ているからだと思う。

それ、自分で言う?

ハイ、自分で言います。笑
だって、本当にそうだと思うから。

あとがきにも書いたことだけど、
ここには不登校の具体的なアドバイスも
明確な結論もない。

ただ、インタビューに協力いただいた
7人の方の等身大の言葉と思いがある。

そしてみなさん、それぞれだ。

うちの奥さんと僕がそれを
出来るだけスクエアに編集した。
僕らの主張やメッセージが
入らないように留意した。
前号と同じく。

料理に例えるなら
ほとんど味付けをしていない。
丁寧に素材を並べた――そんな感覚だ。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。子どもたちに寄り添う人。
独自の学びを実践する人。

7人それぞれの「雲と青空」の物語。

きっと、あなたを勇気付けてくれる
言葉に出会えると思います。

9月1日から販売予定です。
ぜひ、手にとってみてください。
こちらから。
https://beansnet.thebase.in/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
それぞれの雲と青空



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。