古参おじさんは痛気持ちいい

古参おじさんは痛気持ちいい
Sponsored Link

 

もう10年近く前のことだけど。

確かラジオから流れて知ったんだと思う。
RADWIMPSの「マニフェスト」。

「僕が総理大臣になったら」という仮定で、
恋人への想いをマニフェストに例えた歌だ。

メロディといい、サウンドといい、
構成といい、すごく良いと思った。
何より全編通して、歌詞が秀逸!

ちょうどランニングを始めたばかりの頃で、
この曲と「携帯電話」(これも素晴らしい)
をiPodに入れて、それこそ何十回も
繰り返し聴きながらよく走っていた。

映画「君の名は」の主題歌「前前前世」で
あんなにRADWIMPSが売れるとは当時、
思いもよらなかった。

その話をよく忍介にする。

中二病
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「ヲタク文化研究会」著『オタク用語の基礎知識』の当該項目では、典型的な「症例」として以下6点が紹介されている。

  1. 洋楽を聴き始める。
  2. 旨くもないコーヒーを飲み始める。
  3. 売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
  4. やればできると思っている。
  5. 母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
  6. 社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると「アメリカって汚いよな」と急に言い出す。

売れたバンドを
「売れる前から知っている」とムキになる。

まさに中二病の特徴3そのものなんだけど、
でも本当のことなんだからしょうがない。笑

昨日は忍介は新海誠の新作映画
「天気の子」を見て来たらしく、
いくつか感想を教えてくれた。

音楽がまたもRADWIMPSだったと聞いて、
思わず口にしない訳にはいかなかった。

「お父さんRADWIMPSのマニフェストを
最初に聞いたときにはさ…」

「はいはい、分かったから
もうやめてくれる?その古参おじさん」

瞬時にぷっすり、刺された。

でも、それがちょっと痛気持ち良かった。

47歳で中二病なのも、悪くない。

思春期世代と音楽や映画を語れるのは
やっぱり嬉しいものだ。

そんなこんなの、親子の会話だった。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
古参おじさんは痛気持ちいい



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。