勇気付けられた言葉

Sponsored Link

 

ここのところ、過去の忘れたい出来事を
立て続けに思い出させられることがあって、
実はかなり凹んでいた。

考えまい、とすればするほど、
胃の辺りに黒くて苦いものが湧いてしまう。

どうしたってやり直せないんだし、
忘れてさっさと今に目を向けたい。

そうは思うのだけど、
後味の悪い思いがなかなか消えない。

でもそういう時だからこそ、なんだろうか。

昨日たまたま目にした言葉が、沁みた。

「風がなければ漕げばいい」

「今日が残りの人生の最初の日」

どちらも古い格言だか言い回しだかで、
ノリノリな日々を送っていたら
あっさり見過ごしていたかも知れない。

でも、今の僕にはとても
勇気が出る言葉だった。

風がなければ漕げばいいし、
今日は残りの人生の最初の日だ。

今日も良い1日でありますように。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。