必要な心配もきっと変わる

Sponsored Link

 

僕の学校は中高一貫だったから、
僕は高校受験というものをしていない。

でも傍目に
「高校受験ってすっごく大変だろうな」
と今でも思う。

なぜか?

15歳って思い返しても身震いするくらい、
「面倒臭い季節」だからだ。

大人は嘘つきだらけだし、
同じクラスの奴らは馬鹿ばっかりだ。

誰も本当の僕のことなんて
絶対にわかりゃしない。クソったれ!

そんな気分全開のお年頃だ。

なぜやる必要があるのか
よくわからない勉強というものに、
まとまった時間を捧げるなんて、
当時の僕には到底、無理だったと思う。

でもね。

そんな「高校受験」はスルッとかわした。

年度も差し迫った3月下旬、
「申し込み」をしたら
すぐに「合格」の通知が来た。

オンライン授業メインの通信制高校。
忍介は今、そこに所属している。

そして面倒臭い教室内の人間関係も
軽やかにスキップして、自宅警備員として
ノビノビと毎日ゲームにいそしんでいる。

昨日は入学以来、初めての
担任の先生との三者面談だった。

もちろん、対面ではなくオンライン。

PCの前に忍介と二人、横に座って
担任の先生と30分弱話した。

思ったこと。

「こういう世界もあるんだよなー」と。

いや、本当に。
こういう選択肢も全然アリなのだ。

学校に行かないとどうなる?

勉強は? 受験は?
出席日数は? 内申点は?

親としてそういう心配を
「する必要がある」のかと思っていた。

必要、、、無かったね。

僕が10代の頃にはこういう進路はなかった。
あったのかも知れないけど、知らなかった。

時代は変わる。
必要な心配もきっと、どんどん変わる。

どんどん変わるのだ。

ねえ、もしかして
自分に言い聞かせてたりする?

うん、チョット言い聞かせてるかも。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。