そのことを、忘れずにいたい

Sponsored Link

 

昨日紹介した奥地圭子さんの本、
『明るい不登校』。

なんか、このシンプルなタイトルが
じんわりと沁みている。

僕らが発行する不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』は、
タイトルがかなり強めなこともあって、
こういう反応をもらうこともある。

”不登校の先が必ず明るい”
とは断言できないんじゃないですか、と。

もちろん、必ず明るいとは断言できない。

でもあなたがもし不登校の将来が
暗いと思っているのなら
「そうじゃない人たちだっているよ」
ということは、声を大にして言いたい。

雲の向こうはいつも青空、という言葉に
たっぷり思いを込めてはいるけれど、
これは単純な事実の説明でもある。

一点の曇りもない人生なんてないし、
抜けたと思ってもまた
雲の中に突っ込むかもしれない。

でも、その向こうにはいつも青空がある。

そのことを、忘れずにいたい。

そして、発信はできるだけ
明るく、楽しくしたい。

暗いとか可哀想とか、
勝手に決めつけないでほしい。

だから「ちょっとふざけてるの?」
と思われるくらい、陽気な雰囲気で
いつも記念撮影をしている。

こんな感じで。

真面目な話を、明るく楽しく!

それが僕らの信条だ。

インタビュー事例集第4号の制作も
頑張りまっせ!

今日も、良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。