不登校は「やっかいな問題」

Sponsored Link

 

不登校新聞1月15日号
「2人の息子が不登校、父親の本音は」
を読んだ。

むらきちさんという父親の話だ。

漢字のトメハネハライに厳しい先生に
何度もやり直しをさせられ、
小学校4年生の長男は不登校になった。

そして小学校に入学した次男は
入学式含め3日で学校に行かなくなった。

詳細は割愛するのだけど、
不登校を通じて、自身の働き方も
子どもたちへの接し方も大きく変わった。

そして今、2人のお子さんの不登校を
むらきちさんはギフトだと思っている、
という。

なぜギフトだと思うのか?

子どもの不登校を通して自分自身の
課題が浮き彫りになったからだ。

父親の多くは世間の眼や社会の価値観と対峙するなかで、一生懸命がんばり「休みたい」なんておいそれと口にするわけにはいかない。そんな気持ちではこの社会を渡り歩いていけないと思い、必死になっているわけです。そんなときに子どもから「休みたい」と言われてしまう。これは受け入れがたいし、見たくもない。なんだったら無きものにしたいと思う父親もいるかしれない。だから「学校へ行け」という考えになる。

これは僕も本当にそうだった。

受け入れがたいし、見たくもない。
なんなら無きものにしたい。

息子が不登校になった2013年は、
ちょうど4社目に転職した年だった。

小さな会社だったけど、
責任者として部門も任された。
結果で周りに認めてもらう必要があって、
しゃかりきになっていた。

そんなとき――。

「嫌だから学校を休みたい」

というのは甘えだと思った。
弱さだと思った。
この先の将来に甚大な影響があると思った。

だから

「これは克服しなければならないことだ」

というスイッチが、ググググーッと入った。

でも「休みたい」という子どもの気持ちに、父親自身も少しだけシフトしてみたらどうかと思うんです。そうすると「本当は俺もしんどいし休みたい」という父親自身の本音も見えてくるだろうし、「本当に休めないのか」という問いも出てきます。むしろ、自分自身で休めないようにしてはいないだろうかって。

このように、多くの父親にとって、不登校は「やっかいな問題」だと思います。でも、その「やっかいな問題」のなかに、父親自身が抱える課題につながっていく部分があるわけです。僕も子どもたちの不登校を機に、自分自身について考えたり、見つめなおしたりすることが増えましたし、結果的に休めるようにもなりました。

思い返せば。

確かに不登校は
「やっかいな問題」だった。
思い切りジタバタもした。

でも、そのおかげで今がある。

自分が本当にやりたいことは
この仕事なんだろうか?
この生き方なんだろうか?
本当の、根本のところはどうなんだ?

そう問い直すきっかけにもなった。

なかなかね、そこに至るまでには
紆余曲折がつきものだとは思うのだけど。

自分自身と向き合う良いきっかけ。

子どもの不登校を、そう捉えられたら
いいですよね。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




2 件のコメント

  • むらきち本人です(笑)
    不登校新聞のぼくのインタビュー記事をを取り上げていただきありがとうございます♪
    ぼくの話した意図を汲んでいただいた感じでとても嬉しいです。

    このブログのカテゴリーにも「ギフト」という言葉が使われていて親しみを感じました。

    • なんと! 
      ご本人から直接ご連絡がいただけるとは!
      光栄です。
      滅茶苦茶端折ってのご紹介でしたが、そう仰っていただけてよかったです。
      ありがとうございます!

  • 中村広伸 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。