オーマイガッ!

Sponsored Link

 

「第16回湘南国際マラソン
開催中止のお知らせ」

朝一番、ああって思わず声が出た。

いや、別にもう何年か前のように
サブ3.5狙おうとは思ってなかったよ。
しつこい坐骨神経痛も今はあるし、
走り込みだってぜんぜんできてない。

でも42kmという難距離の完走目指して
できるだけ楽しく走ろうとは思ってた。

今週月曜までにワクチン2回の
接種証明出せって事務局がいうから、
それだって出したさ。
これってどうなのよ?とは思いながら。
やっぱり走りたかったから。

ということで3年ぶりのレースも露と消えた。
残念だ。しょうがないんだけどね。

さて。

気を取りなおすために読んだ記事で
これがよかったので紹介。

ご存知、話題の台湾のデジタル担当大臣
オードリー・タンの幼少期の話だ。

詳細はぜひお読みいただくこととして。

僕が一番刺さったのはこの箇所だった。

母親も苦しい日々を過ごしていたが、当事者のオードリーは一人ひとりとの冷戦の中で常に緊張し、もっと辛い思いをしていた。義母から「皆が学校に行っているのに、なぜお前だけが行かないんだい?」と訊かれると、「おばあちゃん、もし皆が死んだら、僕も自殺しなくちゃいけないの?」と答えたという。

みんなが死んだら
僕も死ななきゃいけないの?

ってホントこれ!

だと思いませんか?

(しかし何とも見事な切り返しだ)

と、湘南国際からオードリー・タンへと
推移して、支離滅裂なまま終わってみる。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。