氷河期世代が今、親になっている

Sponsored Link

 

昨日に引き続き、
『ゲームのやりすぎを心配するとき』
を読んでの話。

P.137の土井峻介さんの発言に
個人的にはハッとなった。

いまの30代、40代が小中学校の親の世代の中心でしょう。彼らは氷河期世代だよ。就職の厳しさには人一倍敏感な世代。将来、仕事がないよって話になるとドキドキしちゃう。

これは確かにそうかもしれないと思った。

僕は1994年に大学を卒業した。
思い切り就職氷河期2年目だ。
その僕らが今、親になっている。

就職氷河期世代だったからこそ、
子どもには就職で苦労して欲しくない。

そんな潜在意識はないだろうか?

でもよくよく考えてみれば――。

サークルの2個上の先輩たちまでは、
やれ商社だ、やれ銀行だ、と
山ほど内定もらって浮かれてた。
内定式の日は企業に拘束されて
豪華な接待を受けていた。
いわゆるバブル世代だ。

それが一気に掌返しの氷河期になった。

そんなもんじゃんね、企業も就職も。
たったそんなもんなんだ。

この先のことなんてわからない。

忍介たちが働く頃の世の中は、
僕らとは明らかに違うはずだ。

げんに忍介は鉛筆も持たず、
黒板にも向かずに、iPadで
レポートを送って高校生をしている。
登校なんてしやしない。
僕らにはあり得なかった図だ。

で、結局何が言いたいのか、って?

僕ら氷河期世代が今、親になっている。
その指摘は新鮮だなあ、と。

すみません、本当にただそれだけです。笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。