昼休み日記(不登校編)(7)そう思い続けられるように僕らが見守る

Sponsored Link

 

7年前、4社目となる会社へ転職した。
慣れない毎日の中で、昼休みにあれこれ
思うことをメモしていた。

本棚を整理していたら
ひょっこりその雑記帳が現れた。
読み返すと息子の不登校のことも
ラフに日々、けっこう綴ってあって、
記録として残しておこうと思った。

という次第で突然始まった
「昼休み日記(不登校編)」。

不登校に関する記述を抜粋して連載。
よろしければお付き合いください。

前回(6)はこちらから

昼休み日記(不登校編)(6)何が不安を引き起こしているのか?

2020.11.24

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年2月10日(月)

忍介通信7

長期戦を覚悟。

学校へ再び行くようになれば解決か?

そうではない。

彼が自分に自信を持ち、社会に対して強く向かっていく(それも自発的に)ことができるようになることが真の解決。

随分忍には言葉を尽くして話してきた。
話して「ああそうですか」と分かる問題”ではない”ことが、現在の状況。

結局僕らはサポートはできても、彼が自発的に動かなければ解決にはならない。

  1. ゴールを自発的行動に設定する。
  2. 長期戦を覚悟する。
  3. 言ってもダメ→あたたかく見守る

見守るのは辛い。
僕もあかねも辛い。

見守る=忍耐。
強さが必要。

大丈夫、うまく行く。
いつかきっと、彼は自分を取り戻す。
そう思い続けられるように僕らが見守る。

彼に強く働きかけることは簡単だが、これまでの経緯を見ても、そのことがプラスに作用するようには、近くにいる人間としてはどうしても思えない。

昼休み日記(不登校編)(8)デモクラティックスクールに興味持つ

2020.11.27
プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。