ポジと版下とDOS/Vとポケベルに比べたら

ポジと版下とDOS/Vとポケベルに比べたら
Sponsored Link

 

こんなことを書くと、自分が本当に
年寄りみたいな気がするのだけど、、、

学校を出て働き始めたとき、
(1994年の春のことだ)
会社のデスクにはパソコンがなかった。

パソコンは一人一台ではなく課で一台、
それもウィンドウズじゃない、
真っ黒な画面のDOS/V機だった。

携帯電話はあったけど、
持ってるのはある程度の役職の人で、
新入り営業マンが持つのはポケベルだった。

印刷といえばまだまだポジと版下の時代で、
広告会社の新入り営業マンにとって
「入稿」は結構な一大事だった。

朝、手帳を見て
「今日は3件も入稿があるぞ」
と思ったものだった。

そんなこんなをふと思い出した。

今、制作している不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』Vol.2。

あわせてその紙帯と、改定版を制作している
『不登校日記|僕らの場合』の3件を、
入稿しなければならない。

インタビュー原稿はOKで戻っていたけど、
うちの奥さんのこだわり校正が止まらない。

お盆のここ数日は、
彼女が徹夜で原稿をチェックして昼間寝て、
僕が早朝から修正して夜は早寝して、
という昼夜2交代制だった。

木曜日だった入稿予定が金曜にずれ、
土曜の午前中が最終防衛ライン、
でも朝起きるとゲラの束が机に置いてある。

見るとうちの奥さんが入れた大量の赤字。

なんとか朝のうちに修正を済ますも、
今度はうちの奥さんのコラム原稿が
間に合わず、出かける前の入稿が叶わない。

でも結果から言うと、ノートPCを
新幹線に持ち込んで、新幹線のWiFiを使って
なんとか午前中ギリギリに
入稿データをアップロードできた。

なんとも――いい時代じゃないか、と思う。

ポジと版下とDOS/Vとポケベルに比べたら。

1万キロゲームといい、新幹線入稿といい、
テクノロジーの進歩を実感する――

そんなこんなのここ数日、
お盆奮闘記でありました。

詳細は追ってお知らせしますが、
『雲の向こうはいつも青空』Vol.2、
予定通り発売可能と相成りました。

報告まで。

良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link
ポジと版下とDOS/Vとポケベルに比べたら



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。