リアルな経験と「不登校あるある」が半分ずつ組み込まれた映画

Sponsored Link

 

ほぼ映画製作未経験の不登校生、
不登校経験者、不登校生の保護者、
支援者によってつくられた
不登校をテーマにした映画の、
「上映とトークの会」のお知らせです。

「不登校」「家族」「先生」「友達」
それぞれの視点から不登校を伝える
内容の映画です。

上映後は映画のプロデューサーを務めた
風芽美空さんをゲストにお迎えしての
トークセッションも行います。

ストーリー製作の内容について、
美空さんはご自身の著書の中で
こう振り返っています。

映画のストーリーの骨組みは最初、私が考えたんです。
「何か理由があって不登校になります。何かがあって死にかけます。何かあって誰かに出会って救われます。そして夢を見つけます。前向きになります。終わり」って本当にめっちゃ大筋だけ考えて。
それを中心になってくれるメンバーのLINEグループに「こういう大筋を考えたんだけど、取りあえずここから肉付けしていくみたいな形でやったらどうかな?」って投げて。そこに付け加えてもらいながら、「こういう話にしよう」ってみんなで話したんです。自分たちの経験を半分、「不登校あるある」を半分組み込んで。
それをきれいに脚本にまとめてくれたのは映画の監督を担当してくれた子なんですよね。本当にすごかったです。めちゃくちゃリスペクトしています、私は。
(『7年間の不登校から15歳で飛び込んだ社会は、思っていたよりあたたかかった』p.122より)

不登校生たちのリアルな経験と
「不登校あるある」
が組み込まれた映画を観て、
語り合い、ともに考えてみませんか?

◆ 開催日: 2023年5月21 日(日)13:30-16:30
不登校テーマ映画『円〜CHANGE my life〜』
2016年制作/上映時間90分
(上映後60分はトークの会)
◆ 会場:川崎市コンベンションホール 会議室
(JR武蔵小杉駅北口徒歩4分)
◆ 参加費:1980円
◆ 定員:40名(先着順)
◆ 主催;びーんずネット
◆ 後援:川崎市教育委員会/川崎の親子を考える会

お申し込み、お待ちしています↓

今日も良い1日を。

P.S.
この引用部分を紹介するにあたり美空さんの本を読み返したらやっぱり面白くて、、、編集段階からもう何十回も読んでますが、今朝も一冊丸ごと一気に読んじゃいました。笑
本当にぐいぐい引き込まれる内容です。まだお読みでない方はぜひ。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。