不登校+〇〇=雲の向こうはいつも青空

Sponsored Link

 

『雲の向こうはいつも青空』
は僕ら夫婦が作っている
不登校をテーマにした
インタビュー事例集だ。

不登校・ひきこもりを経験した人。
その保護者。寄り添う人。
そして自由な学びを実践した人。

7人の方々の「雲と青空」の物語。

今年の春に第一号を、
秋に第二号を出した。

今は第3号の取材を進めている。

嬉しい感想もたくさんいただいている。

そのいただいている声。

このところ、一つのキーワードが
個人的によく目に入っている。

不登校を乗り越えてきた方たちの体験談はとてもリアリティーがありますし、勇気を貰えました。(ずけどんさん)

生きる勇気がもらえる事例がいっぱい載っている冊子。
どの事例でも心に残る言葉がある。読む人によって心に響く部分が違うのではないか。(マリリンさん)

「生きる」「勇気」
この2つをたくさん感じる冊子でした。(おのっち。さん)

そしてこちらも――。

勇気をくれる冊子(あしあとさん)

不登校+〇〇=雲の向こうはいつも青空

〇〇=勇気

あなたは、どう感じましたか?

まだお読みでない方は、
ぜひご自身で確かめてみてください。

お求めはこちらから。
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol2/

今日は、これから湘南国際マラソンを走る!
良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校や親子関係の悩みについて、セミナーやコミュニケーション講座、カウンセリングをお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在中学3年生・デモクラティックスクールを経て2019年春からホームスクーラー/忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。