途方に暮れる姿をありのままに見せる

Sponsored Link

 

親子そろって『自己責任』の滝壺に落ちた、
という表現が胸に痛かった。

でもコレ、不登校あるあるだと思う。

こういう図だ――。

担任の先生から毎日電話がある。
「登校せずに何をしていますか?」と。

それは遠回しに「母親の責任ですよ」と
自分が責められているような気がする。

子どもの気持ちに「寄り添う」、
そんな余裕なんて全然ない。
手を引っ張って無理やり学校へ連れて行く。

夫は夫で、家で息子を叱り飛ばす。

「俺は毎日辛い思いをして会社へ行ってる。
お前は学校も行かずに何してるんだ?」と。

挙げ句の果てには。

実の母親にはこう断罪される。
「あなたが甘やかしてるからよ」と。

やがてママ友の視線が怖くなり、
人目を避けるようになり……。

でもね、と思う。
それはお母さん、あなたのせいでも
お子さんのせいでもないですよ、と。

自己責任という言葉。

コレ、自業自得みたいな意味で使うの、
本当に違うと思うし、本当に嫌だ。

特に不登校やひきこもりに関して。

「育て方が悪い」だの「過保護」だの
「甘やかしてる」だの、何だのかんだの。

外野が無責任にそうやって言うのは、
本当やめたほうがいい。

そうじゃないから!!

と、勝手にヒートアップしたところで。笑

京都大学大学院・那須耕介教授の
最後の一言、これもアリだよね、と。

「子どもが『学校に行きたくない』と言い出したら、親は途方に暮れて当然です。しかし学校に行くにせよ、行かないにせよ、多くの親は早急に『正解』を子どもに示さなければ、と考えがちです。むしろ親は途方に暮れる姿をありのまま子どもに見せて、“立派な大人”であろうとすることを一度やめてみたらどうでしょうか。すると、子どもも時には礼儀正しくなくてもいいし、ありのままでいていいんだと、気づくきっかけになるかもしれません」

“立派な大人”であろうとすることをやめる。

うん、やめようやめよう。

自分を責めるのもやめよう。

大丈夫、マイ・フレンド。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。