あと3日

Sponsored Link

 

今日を入れてあと3日。

不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』、
最新号の編集作業が大詰めだ。

そして滞っている。

ついにうちの奥さんは昨日、
自発的にカンヅメになりに行った。

カンヅメ、つまり泊まりがけで
校正作業に全集中するのだ。

まったく昭和の文豪みたいだ。

でもカンヅメといっても、文豪と違って
湯河原の素敵な旅館ではない。

ひと駅隣のビジネスホテルだ。

さて。
鬼編集長の成果やいかに?

今朝見た夢はもちろん、こうだ。

金曜17時の締め切りを守れなくて、

「ああ、もう!どうすんだよ?」

というところで目が覚めた。

我ながら本当に、本当に、器が小さい。

ちっちぇえなー、ジュンイチ。
ちっちぇえ、ちっちぇえ。
ちっちゃすぎるぞ。

もっと鬼編集長の肝っ玉見習えや!

はい。
今日もがんばります。

さあ。
原稿を音声でチェックしながら
ランニングだ。

良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在18歳・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。