さあ、次!

Sponsored Link

 

特に40歳を過ぎてから、
涙腺が随分もろくなった気がする。

アルコールなんか入ってたりすると、特に。
(あ、でも別に泣き上戸じゃないですよ)

もしかして、もしかすると、、、

何か感じるものがあるかも知れない、
と実はちょっとだけ思っていた。

昨日、卒業証書を受け取りに
地元の中学校に家族3人で行った。

忍介はこれまでただの一度も
足を踏み入れたことのない場所だ。

文字通り、初めて入る中学校。

校長室で代理の学年主任の先生から
それはもう、立派な卒業証書をもらった。
内容を読み上げてもらい、受け取る時に
うちの奥さんと僕とで拍手した。

おめでとう。パチパチパチパチ。

ただ案の定、その図を経験しても
気持ちはあっさりしたものだった。

特に感傷もない。

これでやっと義務教育が終わったんだな。
そう思っただけだった。

どちらかと言えば、やっぱり
「来し方」よりも
「行く末」のほうに目が向くかな。

特に今は、ね。

そんなこんなで家族3人、
さわやかに中学校を後にした。

なんせ、一度も通ったことない場所だしね。

しいて言うなら、よくまあ忍介、
これまでブレずに貫き通したよなあ、と。

一歩も足を踏み入れなかったことを。笑

さあ、次!

気分的にはそんな言葉がしっくりくるかな?

桜愛でつつ、、、今日も良い1日を。

 

P.S.
奇しくもこれも「さあ、次!」です。笑
↓↓↓
不登校インタビュー事例集
『雲の向こうはいつも青空』Vol.3、
本日発売開始しました!
https://beans-n.com/lp/behind-the-clouds-vol3/

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。