深夜に読み返す

Sponsored Link

 

昨日はお昼にワインを飲みすぎて、
昼寝のつもりが21時に起きてしまった。

眠れないので、びーんずネットの本を
読みながらポテチをつまみにワインを飲む。

なんとも健康によろしくない夜だった。

『不登校日記|僕らの場合』
『まず、わたしが幸せになる』
『不登校に心が迷うとき読みたい10冊』
『私たちが親業で得たもの』

どれもびーんずネットの特典として
差し上げている非売品なのだけど、
改めてまとめて読み返してみると、
自分たちで言うのもナンだけど
なかなか読み応えがあった。

思ったこと。

忍介のおかげで僕ら夫婦はありがたい経験を
させてもらってきたなあ、と。

そりゃあ、悩んだし夫婦喧嘩もした。
これからも悩むし揉めることもあるだろう。

でも一言で言うならば――。

やっぱり良い経験だったよな。

価値観を変えられたし、
僕自身の生き方も
大きく変わるきっかけになった。

深夜2時、最後に新しい
『雲の向こうはいつも青空』Vol.4を
もう何回目だろう?、読み返して寝た。

なので今朝の更新は
こんな遅い時間になったのでありました。

今日も良い1日を!

P.S.
『雲の向こうはいつも青空』Vol.4は9月30日に販売開始します。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。