心のありようは大切。でも伝え方も大切!

心のありようは大切。でも伝え方も大切

あなたが世界一素晴らしいアイディアを
思いついたとする。

でもそれを他人に伝える方法を知らなければ
それはこの世界に存在しないのと同じことだ。

なぜなら
誰もそれを知ることができないんだから。

そうですよね?

伝え方と心のありよう。日本人の場合…

とかく我々日本人は
以心伝心、というか
あうんでツーカー、というか
言わぬが花、というか

ボロをまとえど心は錦!

というか、

だんだん支離滅裂になってるけど、笑

まあとにかく
そういう類の物言いが多いと思う。

「心が錦」であることは
もちろん大切だけど

「伝え方」を軽視して
「心のありよう」を重視する傾向が
強いように見える。

心さえ清らかなら
それでいい、みたいな…。

もちろんそれはいいことだ。
ただ伝え方が上手なら、もっといいはず。

どんなに愛があっても伝わらなければ

びーんずネットの前回のセミナーで
ゲストに来てくださった松本純さん。

著書「わが子と心が通うとき」でも
書いていらっしゃいるけど、

松本さんの言葉で
個人的にとても印象的な言葉がある。

「愛は伝わらなければ、
愛がなかったことと同じ」

本当にそうだと思う。

子どものことを大切に思う。

だからこそ、親は
伝え方を磨く必要がある。

相手を自分の思い通りに
動かそうとするのではなく、

相手が何に困っていて
苦しんでいるのか、

本当の気持ちを汲み取れるように
聞き方を磨く必要がある。

平和につながるメソッド

「親業」の話が続いてしまうんだけど

正直、講座を受けてからというもの、
このメソッドは本当にいいものだと
思うことしきりすぎて。

親業創始者トマス・ゴードンは
1997年から3年連続でノーベル平和賞に
ノミネートされたそうだけど、

受賞に値する偉業だと思う。

誰もがゴードンの提唱したやり方で
勝ち負けなく対話できれば
この世から争いはなくなると思う。

まさに世界平和につながるメソッドだ

と言ったらいいすぎだろうか?

「わたしメッセージ」と
「能動的な聞き方」を
ロールプレイすることで、

本当に少しだけ、
できるようになってきた気がして
嬉しい今日この頃。

親業訓練一般講座、本当におすすめ!

親ならみんな、受けた方がいい。
あと、学校の先生も(ぜひ)。

親業を詳しく知りたい方はこちら
https://peraichi.com/landing_pages/view/pet0918beansnet

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

 

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

 

Sponsored Link
心のありようは大切。でも伝え方も大切



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。