得意なことを見つけて楽しく過ごせることが大事

Sponsored Link

 

WEB記事のタイトルって本当、
つけ方が上手いよね!

好奇心でついつい、読んでしまう。

そしてそんなのばかり読んでると、
あっという間に時間が経ってしまう……。

(ご用心、ご用心)

ただ、この記事はけっこう沁みた。

学生時代、奨学金を返済するため
ホストとして働いた経験を持つ
「実家が全焼したサノ」さんの話だ。

  • 嘘もすべて信じてあげる
  • 怒っていいのは利害関係がないときだけ

そんな売れっ子ホストの言葉は、
普遍的な関係性の法則だと思った。

(詳しくは記事参照)

記事の中で僕が特に面白いと思ったのは、
最後のくだりだった。

売れっ子ホストには
驚きの習慣があるという。

店の営業が終わって、ソファで仮眠する、
そのとき、額に携帯を乗せて眠るのだ。

なぜ額に携帯を乗せて寝るのか?

携帯が振動する=メールが着信する。
するとその都度、起きて即返信して、
それからまた仮眠するのだという。

売れっ子ホストは文字通り、
寝る間を惜しんで働いている。
みんなホストという仕事に
夢中になっている人ばかりだった、と。

一方で――。

売り上げの低いホストが努力をしてないか、
というとそんなことはまったくない。

トイレ掃除を熱心にしたり、
ヘルプでお酒をたくさん飲んだり。

売り上げの低いホストも
一生懸命に頑張っている。
性格もすごくいい人たちばかりだった。

では何が両者の違いを生んでいるのか?

サノさんはこう言う。

トイレ掃除もヘルプでたくさん飲むお酒も
売れっ子になるための必要条件ではない。

良いか悪いかは別にして、ホストとして
売れるためには「ホストのルール」で
努力する必要があった、と。

僕がホストクラブで働いて得た最も大きな学びは、正しい方向性で努力すると、同じ努力の量でも結果に大きな差が出るということでした。ちなみにトイレ掃除が得意だった売上の低い先輩ホストは、ホストを辞めてからは居酒屋で働いていますが、そのまじめさを買われて、今は店長を任されているそうです。

あるルールでは活躍できなくても、違うルールだと活躍できる人はたくさんいるはずです。少しでも多くの人が、得意なことを見つけられて、楽しく過ごせるといいなと思います。

あるルールでは活躍できないかも知れない。
でも違うルールなら活躍できることもある。

だから得意なことを見つけて
楽しく過ごせることが大事――。

ついつい、目の前のルールだけで僕ら、
物事を捉えてしまいがちだけど、、、

少し目線を高くしてみれば、
それだけが全部じゃないこともある。

ホント、その通りだよねーと思った次第。

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。