言うと損なこと

Sponsored Link

 

「コレ注意したいなあ」
と思ったことなので共有まで。

JAFメイトの松任谷正隆さんの
コラム「車のある風景」。
今月号のエピソードが印象深かった。

逗子の父親の具合が悪くなった、
と母から電話があって、クルマで向かった。

100円を有料道路の料金所で支払って、
50メートルも行かないところで
警察官に呼び止められる。

聞くと、スピード違反だと言う。

なにせ料金所を出たばかりだ。

50メートルやそこらで
そんなにスピードが出るはずもない。

でも警察官は50キロ以上出ていた、
と譲らない。
もちろん、納得が行かない。
もう一度確認してくれ、と訴えた。

ただ最後にこの一言を言ったのが
いけなかった。

「オヤジの具合が悪くて……」

「ああ、捕まるとみんなそう言うんですわ」とにこやかなほほ笑みを浮かべた警察官。しまった、みんなそういう言い訳をするのか、と思っても時すでに遅し。思い出すとまたイライラしてくるのでここまでにするが、とにかくゴールド免許をすんでのところで逃した一瞬だった。

思うに――。

きっとスピード違反で捕まるのって、
こんなふうにどこか、みんな
無意識で急いでいるときなんだと思う。

本当に急いでいる。だからこそ。

「捕まるとみんなそう言うんですわ」

という、アチラの認識を後押しするような
無用な一言は言いたくないものだな、と。
少なくとも、本当のことであっても
「言うと損なこと」にはなるな、と。

もちろん、スピード違反しないように
運転するのが大前提なんだけど。

もうひとつ。

あれ?
なんでこんな所にパトカーいるのかな?

と思っていると、警察官が出てきて
「右折禁止」だと言う。

「時間制限の右折禁止看板」を見逃して
違反を切られる、というのは
僕も一昨年、まったく同じ経験をした。

思い出すとまたイライラしてくるので、
ここまでにする!笑

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。