アナログが好き

Sponsored Link

 

びーんずネットの活動を始めて、
とみに感じるようになったことがある。

アナログの良さだ。

読み物はタブレットで読める電子書籍、
ニュースレターはメールにPDF添付で!

とすることは簡単だ。お金もかからない。

紙の本やニュースレターは印刷費がかかるし
送るのに送料がかかる。在庫にもなる。

でもね。

「それがいいんじゃない」

と逆に・強く・思うようになった。

表紙をめくる感覚。紙の質感。

目次を眺めて、あとがきから読んでみたり、
はたまた読まずに本棚に放置してみたり。笑

世代のせいかな?

うちの15歳なんて、見事に一切、
紙の本まったく読まないし。

まあ、いいや。

8月末のセミナー準備と合わせてもろもろ、
次号の不登校インタビュー事例集に加えて
書籍や冊子の制作を進めている。

何冊も同時に進めていて大変なんだけど、
早くお届けしたい気持ちでいっぱいだ。
(そして脳みそはパッツンパッツンだ)

この夏、びーんずネットは熱いですよー、
という予告なんでした。

お楽しみに!

今日も良い1日を。

プロフィール写真

 

記事を読んで何か感じることがあれば、ぜひコメント欄にご意見やご感想をお寄せください。

更新の励みになります。バナーのクリックお願いします!

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
Sponsored Link



まず親が幸せになる|びーんずネット

不登校のセミナーやカウンセリング、インタビュー事例集をお届けする活動を夫婦でしています。ぜひご覧ください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

1972年生まれ。 息子の忍介は書字の学習障害と軽度の発達障害があり、小学三年生の時に不登校になりました(現在通信制高校1年生・忍者好き)。 不登校や親子関係の悩みについて、セミナーや講座をお届けする「びーんずネット」の事務局を担当しています。趣味はマラソン。不登校をテーマにしたインタビュー事例集『雲の向こうはいつも青空』を出版しています。